お遍路さん その先には・・・ | 中央区 日本橋 茅場町の税理士事務所 - 細谷有子税理士事務所
Blog

ほっと一言

所長の細谷有子のブログです。

ほっと一言
2013年4月12日

お遍路さん その先には・・・

桜の花があっという間に咲いて、あっという間に散ってしまいましたね。
皆様お花見はなさいましたか?
私は娘と二人、門前仲町の夜桜を見に行きましたが、まだ提灯の準備が出来ておらず、薄暗い中の見物になってしまいました。
それでも、一年に一度桜を見に出かけたいという思いが湧くのは「日本人」だから?でしょうか?
今はもうすでに新緑の季節。 新しく動き出す季節です。

先日久しぶりにお休みを頂いて、四国松山と大分の湯布院に行ってきました。
昔から「お遍路」に興味があったため、今回は45番札所の「岩屋寺」と44番札所の「大宝寺」を訪ねてみました。
特に「岩屋時」は名前のごとく、岩山を切り拓いて建てられたお寺で参道を歩き266段の階段を登り、さらに道を登って行くという・・・かなり厳しい道のりを経てやっと辿り着くお寺です。

四国では お寺でも街中でももちろん山道の途中でも お遍路さんを見かけます。
もちろん老若男女、一人で、ご夫婦で・・・色々な方が黙々と歩きお寺にたどり着き、お経をあげ、お札を納め、また歩き出す。
お遍路さんについていつも思うことは、「歩きながらどのようなことを考えているのだろうか?」 という事です。
昔 左幸子さんという女優さんが、1か月かけてお遍路をしたドキュメンタリー番組を見たことがあります。
1日1日彼女の顔が変わっていく、その変化が印象深くもう30年ほど前の番組なのにいまだに忘れられない。
やっぱり行くしかないですかね。
今から体力をつけて・・・ずっと抱えている疑問を解明したいと思います。