同行二人 | 中央区 日本橋 茅場町の税理士事務所 - 細谷有子税理士事務所
Blog

ほっと一言

所長の細谷有子のブログです。

ほっと一言
2013年9月13日

同行二人

9月に入り、朝夕はいくらか秋の気配を感じられるようになって来ました。
先日は2020年東京オリンピック招致が決定し、心なしか日本の未来に「希望」の光が差してきたように感じられます。
我々中小企業もそろそろ景気の波に乗っていきたいものですね。

今年の夏は本当に暑かったですね。
皆様はどのような夏休みをお過ごしでしたでしょうか?
この夏は「お盆休み」を頂いて、徳島へ行ってきました。
阿波踊りの桟敷券を取ってもらったのがきっかけでしたが、せっかく徳島へ行くならと・・予てより念願だった「お遍路さん」もどきを体験してきました。
正味2日で14のお寺を回りました。
まさに四万十市で最高気温を出している頃、何を好き好んで?
リュックを背負いテクテクとひたすら歩いてきました。
ただ、小母さん二人旅はどうやら周囲に心配をまき散らしていたようです。

この時間では食事時間に間に合わないからと、宿まで車で送って頂いたり道を尋ねた郵便局の方が、わざわざ標識を確認して戻ってきてくださり「青い看板があるからそこを曲がってください、暑いので気を付けて」と冷たいお茶の差入をしてくださったりわざわざ車を止めて、「御接待ですから」と栄養ドリンクを差し入れてくださったり
警ら中のお巡りさんをはじめ、何人もの方から「暑いですからしっかり水分を取ってください。気を付けて・・」と声をかけられ・・・・

辿り着いたお寺では遍路をしている方々と挨拶をし、しばしの団欒をとりまた歩き出す。
暖かく優しい『一期一会』が繰り返されていく。

今回は俄かお遍路でしたので、お経もろくに読めず仏前での合掌だけでお寺を回りましたが、いくつものお寺を回り多くの人々に出会い、自然を感じていくうちに、次第に「お経を読みたい。お経を奉納したい」という気持ちになっていったのが、自分ながらに不思議でした。
そして「同行二人」という心の支えがどんなに意味深いものなのか少しだけ感じられた気がします。

また機会を作って、続きを歩いてみたいと思っています。
お遍路さんは何を考えて歩いて行くのだろうと疑問に思っていましたが案外、何も考えずにひたすら次のお寺に向かって歩くだけなのかも知れません。