そこに山があるから | 中央区 日本橋 茅場町の税理士事務所 - 細谷有子税理士事務所
Blog

ほっと一言

所長の細谷有子のブログです。

ほっと一言
2021年2月18日

そこに山があるから

何故か事務所のアドレスに「今日もトレード始まります」「今日もトレードお疲れ様」
といったメールが毎日入る。
日経平均株価が30年半ぶりに3万円台を回復したことで、これからは相場が過熱していくの
だろうか?
株投資に詳しくない私にとっては、
 実体経済が落ち込んでいるのに株価は上昇?
 この状態は一体何なのだろうか? バブルなのか?
 いったい誰が何故 株を買っているのか?
 実体経済と投資が乖離する根本原因は何なのか?

疑問ばかりが先行してしまい・・・もしかしたら大きな投資チャンスを逃しているのかも
知れないとまで思ってしまう。
ただ、世界共通の認識としては「世界から金利が消滅したことにより運用難が極まり、結果と
して株価が高くなった」という流れも大きい様で、実体経済を度外視した株高の主因は
「定期的にインカムを生む金融資産はもう株くらいしかない」という悲惨な運用環境
にあるのだという評論も多くみられる。

株くらいしか買うものが無い・・という事なのだろうか。
そして、それを買える投資家が沢山居るという事なのだろう。
一方で職が無くなり、この東京でさえ毎日の食事にも不自由している人々がいるというニュース。
どっちが現実なのかと自分の居場所がわからなくなる。

 リモートワークで不動産の動きがおかしくなっている・・と不動産屋さんがぼやいている。
都心に近いマンションなど今まではすぐに契約がとれたのに、空き室が増えるばかりで
全く動かない。
ただ、賃料も不動産価格も特に値崩れはしていないとか。ただ、動かない!と溜息をついている。
都心はビル建設が目につく。
大企業も勝ち組・負け組の二極化が進んでいるのか・・・

 2021年はどの様な展望が待っているのだろうか。
ともかく堅実な方向に自分を信じて動いていくしかないのだろう。

 そうそう! 今は2月~5月の繁忙期を乗り切る事ために余計なことに気を取られず
ひたすら前に進まなくては!

    ”そこに山があるから” 頂上目指して頑張りましょう。